「新型コロナウイルス感染症」拡大防止に伴うミサ中止のお知らせ

2020年3月11日

 

新型コロナウイルス感染症に伴う3月15日以降の青梅教会の対応

 

新型コロナウイルスによる感染症の拡がりは留まることなく、むしろ日々拡大し重篤な症例の報告が相次ぎ、感染のピークの時期もまだ見通せません。

このような状況の中、東京大司教区から3月10日に「新型コロナウイルス感染症に伴う3月15日以降の対応」が発表されましたので、青梅教会としての3月15日以降の対応を下記の通りお知らせします。

 

 

  • 3月15日(日)から3月29日(日)まで主日及び週日のミサを中止します。
  • 結婚式や葬儀は、十分な感染症対策を取った上で、通常通り実施します。
  • ミサ以外のグループ活動(飲食を伴う活動含む)も引き続き中止します。
  • ミサ中止にあたって

・主日のミサに与る義務を免除します。

・中止の間は、ミサに替え聖書を朗読し黙想をおこない、

・東京大司教区では、主日のミサをインターネット配信していますので、

映像を通じて祈りの時を共にして、霊的聖体拝領を受けられるよう勧めます。

  • 3月30日以降の対応については、東京大司教区は3月23日過ぎ頃に改めて発表する予定ですので、この発表を受けたうえで青梅教会の対応をホームページにアップします。

以上

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA