カトリック青梅教会信徒の皆様

十主の平和
新型コロナウイルスによる感染症は世界的な規模で拡大を続け、青梅教会におきましても2月27日から公開ミサが中止となっている状況です。
聖週間を目前に皆様も大変ご心配されていることと思います。しかし、現在においても公開ミサを行える状況にありません。3月23日付けで東京大司教区から「新型コロナウイルス感染症に伴う3月30日以降の対応」が発行されましたので、今回青梅教会のお知らせと共に、東京大司教区発行の通知文も併せて送付いたします。是非ご一読いただき、一日も早い事態の終息に向けて共に心を一つにお祈りしましょう。
3月30日以降の青梅教会の対応を、以下のように決定いたしましたのでお知らせいたします。

1.3月30日以降も、当面の間不特定多数が参加する公開ミサ及び集会を中止いたします。
2. 枝の主日については、李神父様と修道会のシスターによりミサをささげます。
枝は李神父様に祝福していただき、公開ミサを再開できる時期に皆様に配布いたします。
3. 聖木曜日から復活の主日に至る典礼についても、李神父様と修道会のシスターが代表して共同体のためにミサをささげます。同日に自宅や職場など、それぞれの場所でお祈りいただけますようお願いいたします。
4. 東京大司教区より、新たな通知があり次第、教会連絡網、ホームページまたは郵送でお知らせいたします。

カトリック青梅教会

                                  主任司祭 李 宗安

司牧評議会

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA