日本政府の緊急事態宣言再発出を受けての青梅教会の対応

日本政府の緊急事態宣言再発出を受けての青梅教会の対応
新型コロナウィルス感染症の新たな拡大を受けて、日本政府は1月7日に2回目となる緊急事態宣言を1都3県の地域に発出しました。

これを受け東京大司教区では、今回の緊急事態宣言では集会の禁止は盛り込まれていないものの、感染対策のさらなる徹底が求められていることから、小教区におけるこれまでの感染対策を改めて見直し、徹底をはかる旨の通知が出されました。

東京大司教区からの通知に基づき青梅教会では、公開ミサを行うにあたり下記の通り感染対策をさらに徹底することとしましたので、ここにお知らせいたします。

1. 聖堂内では、互いに最低でも1メートル、できれば2メートルのソーシャルディスタンスを保ちます。
ミサ後には順序よく退堂し、聖堂内や周辺での「あいさつ」「立ち話」もできるだけ避けましょう。

2. 高齢の方・基礎疾患のある方は、できる限りご自宅でお祈りください。ただし、教会で の年齢制限は行いません。
主日のミサに与る義務は、教区内のすべての方を対象に免除されています。

3. 2020 年の当初から行ってきた手指消毒などの感染症対策を充分に行い、聖堂内の換気を保ち、全員マスク着用とします。

4. ミサでは聖歌を「全員で歌う」こと、「祈りを一緒に声を出して唱える」ことを控えてください。オルガン独奏、マイクを利用しての独唱は可能とします。

5. 聖体拝領は、必ず拝領の直前に消毒した手でお受けください。 (拝領前に消毒できるよう消毒液を設置します。)

6. 教会におけるすべての会議、会合、集い、勉強会など対面の活動を、当面の間、中止またはオンラインとします。

2021年1月8日
カトリック青梅教会
主任司祭  李 宗安
教会委員長 藤尾 昇

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA